ご利用案内(はじめてのお客様) カートを見る お問い合せ お客様の声 サイトマップ ア・リーフファクトリーについて

1080円以上送料無料

RSS

リネンとは


【 リネンの特徴】

リネンは天然素材の中でも丈夫で、水にぬれると強さを増す繊維です。
繊維の中が中空になっており、水分を吸湿・発散しやすいので吸水性に優れ、乾きが早いのが代表的な特徴です。
速乾性がありますので雑菌がつきにくく、清潔にお使い頂けます。
はじめはシャリっとハリのある感触ですが、数回洗うと少し柔らかく、洗いこむとくたっとした感じに変わります。
おろしたてのリネンの風合い、使い込んで肌に馴染んできたリネンの風合い、どちらもそれぞれに表情があって素敵です。
使い込むほどに増す風合いも楽しみながらお使いください。


【リネン製品のお取り扱いについて】

○ お洗濯

洗濯機で普段通りにお洗濯して頂けます。いつもの洗剤でお洗濯してください。
型崩れが気になるものは洗濯ネットの使用や手洗いがお勧めです。

ウールリネンの生地を使った製品は、生地の特性上ご自宅でのお洗濯はお勧めできません。おしゃれ着用洗剤も使用不可です。
クリーニング店でのドライクリーニングをお願いいたします。

色柄物は色落ちの可能性がございますので、はじめの数回は白いものとは分けて洗ってください。
ワッフルタオル、マッサージバスマット、コットンブランケットは生地の特性上、はじめの数回はケバがたくさん出ますのでご注意ください。

○ 縮み

ウェア以外のリネン製品については、水洗いすると約5%ほど縮みます。
お湯でのお洗濯や乾燥機の使用は、更なる縮みや生地の風合いを損なう場合がございますので使用をお控えください。
ウェアは一度水通ししてからの納品となりますので、ご自宅でのお洗濯後も大きな縮みはございません。
カーテンなどのサイズが決まっているものに生地をお使いの場合は、一度洗ってからの縫製がお勧めです。

○ アイロン

洗いざらしのしわのある風合いも、アイロンをぴしっとかけた風合いも、どちらもそれぞれの味わいがあります。
お好みの風合いでお使いください。
お洗濯後干す際にパンパンと張るような感じに干していただくと、洗いざらしの感じに、
アイロンをしっかりあてるとパリッとした感じに仕上がります。
シワをとる効果的な方法としては、お洗濯後、半乾きの状態でのアイロンがけがお勧めです。

○ ナチュラル生地

ナチュラルの生地は、自然な風合いを生かしたリネンの天然繊維そのものの色です。
漂白も脱色もしていない、素材本来の色を生かしておりますので生産地の天候や収穫時期によって色の濃淡が異なります。
同じ商品でも色の濃淡の違いが出る場合がございますのでご了承ください。


【生地の紹介】

製品で使用している生地の紹介です。

○ 普通地
キッチンクロスからウェアまで、最も多く使われているベーシックな生地。
抜群の吸水性と速乾性が特徴。

○ 薄地
細い糸で織った繊細な生地。アイロンをしっかりあてると、光沢が出ます。
リネンなので薄手でも吸水性抜群。ハンカチやウェアなどに使用。

○ 厚地
リネンの素朴さが感じられる厚手の生地です。繊維が太いので吸水性に優れていて、より丈夫です。
エプロンやバッグ、ポーチなどで使用。

○厚々地
太い糸で織っているので、リネンのざっくりした素材感を感じられる生地。
リネンマットやリネンケースに使用。

○厚粗地
ハリがあって丈夫なのでバッグ類に使用。

○ ガーゼ(パッキング)
もとは梱包用の生地。目が粗くて透け感があり、軽やかな印象です。
洗濯を重ねるとガーゼのようにふわっと柔らかく変化します。

○ 刺繍地(平織り)
もとは刺繍用の平織り生地です。タオルに仕立てています。
薄手なので乾きが早く、コンパクトに収納できます。

○ ワッフル地
織りの表情がワッフル菓子に似ていることから、その名が付けられたそう。
表面が凹凸な分、表面積が広いので吸水性に優れふんわり柔らかな肌触り。

○ タオル地
ベース部分にコットン、パイル部分にリネンを使った厚手のタオル地。
はじめはしゃりっとした感触ですが、使い込むとクタッと変化します。吸水性も抜群。

○ソフトタオル
パイル部にリネンの糸を使用していますが、糸が柔らかくなる加工を施しているので
使い始めから柔らかく、肌触りのよい生地。

○ヘリンボーンコットン
柔らかいコットンの糸を綾織でタオル地に仕立て。
生地に凹凸があり、ふわふわ気持ちのいい肌触りです。


【ケバについて】

リネン製品は繊維の毛足が短いので、コットンなどに比べると「ケバが出にくい」素材です。
ただし、繊維ものであることに違いはなく、お使い初めのころは多少なりともケバが出る場合がございます。
お洗濯を繰り返すとケバも落ち着いてまいりますので、気になる場合は数回のお洗濯がお勧めです。


【リネンのお洋服は一年中着られますか?】

夏のイメージが強い素材ですが、ここ数年で寒い季節も目にすることが多くなりました。
夏はさらっと1枚で、寒い季節はニットやシャツなどを重ね着して・・・と通年でお楽しみ頂けます。


【 生地は透けますか?】

カーテンでお使いの場合は、適度に光が漏れるとお考えください。
お洋服の場合は、普通地・厚地であれば下に着ているものの色が分かることはございませんが、
光の当たり具合によって体のラインが浮き出る場合がございます。
薄地の場合は、ホワイトなどの明るめの色生地ですと下に着ているものの色が分かる場合がございます。


★☆fog linen work のリネン製品について☆★

リネンの原産国としても有名なリトアニアで生産しています。
生地から商品デザインまでオリジナル。毎年春と秋に新しいデザインの生地を織っています。


○リトアニアリネンについて

リトアニアは古くからリネンの原料となるフラックスの生産国。
バルト三国のうちの一国で、緯度は北海道と同じくらい。2004年にEUに加盟しています。
リトアニアではフラックスの繊維から糸を紡いでリネンの生地を織り上げ、
衣類やハウスリネンに仕立てたものを古くからヨーロッパに輸出してきました。
その歴史は中世にまでさかのぼり、長く受け継がれてきた伝統と高い技術によって現在も良質なリネン製品がつくり続けられています。
リネンというとアイリッシュリネンやベルギーリネンのような細い糸で織り上げた繊細な生地を
イメージされる場合が多いかもしれませんが、リトアニアリネンにも細い糸で織った繊細な生地から、
ざっくり織った粗い生地まで生地の種類は様々。
fog linen work では、リトアニアで織り上げた生地を用途にあわせて使い分けています。


○テーマは普段使い

fog linen work の製品は、普段使いがテーマです。
気兼ねなく毎日洗って使えるもの、ということで、生地は中の上程度のものを使用しています。
とっておきの日のための、というよりは、出番の多い普段使いにちょうどよいクオリティの生地です。
最上級の繊細な生地も素敵ですが、丈夫でジャブジャブ洗って使えることが普段使いのリネン製品として最高級品質です。
気兼ねなくお洗濯できますので、たくさん使って、どんどん洗えます。