5400円以上お買い上げで送料無料・代引き手数料無料
新規会員登録会員ログイン

ご利用案内(はじめてのお客様) カートを見る お問い合せ お客様の声 サイトマップ ア・リーフファクトリーについて
RSS

革製品のお手入れ

革の手入れは、アイテムや素材の種類、ご使用状況や頻度等により対処法が異なります。
『自然に優しく、使用を重ねるほど味の出る植物タンニンでなめした革』は、手入れ法を誤ると汚れやシミの原因となることがあるため、十分にご注意ください。
ナチュラルな仕上げの革ほど、自然に扱うことが最良と言われています。

お手入れの基本
革の表面には目に見えない毛穴が無数にあるため、そこに埃や汚れを溜めないよう、ブラッシングと乾拭きがおすすめです。
時々、固く絞ったきれいな布で均一に拭くのもよろしいかと思います。
その後、保革剤を塗布する場合は、しっかり革が乾いたことをご確認の上、行ってください。
保革剤について
革の風合いは、微妙な水分と油分のバランスで保たれています。革のメンテナンスと言えばミンクオイル等の油分補給が有名ですが、バッグや小物にはあまり適していません。
程よく油分を与えるためには、きれいな手の平で表面をさわってあげるだけでも十分です。
表面が特に乾燥している時は、水性タイプの保革剤がおすすめです。
革が濡れた場合
革が濡れてしまった場合は、乾いたタオル等で表面を押し拭くように水分を取り、形を整えて風通しの良い所で陰干しをしてください。
ドライヤー等の急な熱で乾かしますと、革の硬化や変質・変形等の原因になります。また、乾燥と同時に必要な水分も革から抜けてしまうため、しっかり乾いていることをご確認の上、水性タイプの保革剤等で栄養補給をしてください。
その際、一晩は浸透時間を置き、その後十分に乾拭きを行ってください。
保管について
しばらくご使用にならない場合は、付属の袋に入れ、ほこりや汚れを溜めないように保管してください。